FC2ブログ

大好きな旅行を仕事にして早や○年・・・旅はトラブルと感動のオンパレード☆各地の見所やツアーの表と裏などご紹介していきたいです!

ツアコンの泣き笑い旅日記

プロフィール 

GOING MAY WAY

Author:GOING MAY WAY
日本全国津々浦々・・・OL時代は極貧旅行三昧でしたが、趣味が仕事になって、毎日奮闘しながらあちこち出没中です!
日本の歴史や文化が大好きだったので、日記の中に織り交ぜていきたいなぁと思ってます☆

ブログランキングのクリックもどうぞよろしくね(*^^*)

バーナ

 

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

 

カレンダー 

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 

 

 

最近のエントリ 

 

月別アーカイブ 

 

 

RSSリンク 

 

プロフィール 

GOING MAY WAY

Author:GOING MAY WAY
日本全国津々浦々・・・OL時代は極貧旅行三昧でしたが、趣味が仕事になって、毎日奮闘しながらあちこち出没中です!
日本の歴史や文化が大好きだったので、日記の中に織り交ぜていきたいなぁと思ってます☆

ブログランキングのクリックもどうぞよろしくね(*^^*)

バーナ

 

 

小さな天気予報 


-天気予報コム- -FC2-
 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

富士山と伊豆&房総半島めぐりの旅 

10月も早やいもので半月が過ぎ・・それでも今年は
比較的ゆっくりめで添乗してる状態です。
新型インフル&不景気の影響なんでしょうけど~~
ちょっと先行き不安だったりして(+_+)

さて・・今回は伊豆&房総半島の旅。
本当は紀伊半島ぐるっとコースが入ってたんですが、新コースで
一本目が人数少ないけど急に催行を決定したらしく・・・
空いてる専属さんがいなかったみたいで、私にお声が掛かりました。
久々の瀞峡遊覧を楽しみにしてたので残念ですけど・・
房総半島は10年くらいまともに観光してなかったので、すぐに
新コースのツアーに変更してもらいました。

房総半島以外にも今回はちょっと歴史的に気になる?
新名所が何箇所か入っていて、そこの偵察がてら・・・
しっかりレポート書かないとってはりきって出発

朝四時過ぎに起きて空港に六時過ぎに到着。
受付を始めて10分もしないで全員オソロイと相成りました。
なんせ6時半集合、7時5分出発・・
隣では仲良しの子が46名もの受付に大わらわ・・
私は3グループ14名様なのでそういう点では楽勝なんだけど・・
この少人数のツアーはちょっと曲者なんですよね。
バランスよく、密に接していかないといけないんだけど・・・
8名グループがちょっと気になる。

羽田に着いてあっという間に再集合し、バスは山梨県河口湖
目指して出発~
ガイドクラブからのベテランさんと比較的若い?運転手さん・・。
まぁ・・私は行ったことない場所が三箇所くらいあるけど、地元
の乗務員さんだから問題ないよねって、ネットで検索してきた
観光地の地図は要らないことを願いつつ。

河口湖は逆さ富士の名所でもあるけど、冬の風のない穏やかな
朝早くには・・キレイな富士山が湖に映る様子を見れますが・・
今回は残念ながら河口湖からは姿が見えず雲の中でした。

(今年の初めの河口湖からの富士山です。)
河口湖・逆さ富士①
河口湖畔も近づいて早い昼食ですが朝が早かったのでお腹は
皆減ってるみたい。山梨名物のほうとう鍋が待ってるよん
しかし・・・間もなく到着のはずが・・・食事場所は伝えておいたのに・・・
乗務員さん二人とも・・店の場所をイマイチ把握してない?!
そんなバナナ~~・・定番の観光地だから関東からは頻繁にくるでしょ?
バスをに入れるまで道を間違い・・ロスが10分も。
何だか先行き怪しい???

河口湖を後にして、沼津まで移動し韮山に唯一現存してる反射炉を
見に行きました。
黒船が下田に上陸して当時の幕府は相当慌てたでしょうね・・
すぐ今のお台場に砲台を設置すべく、伊豆半島の付け根にある
韮山に反射炉を築かせ、そこで鉄を溶かし大砲製造にあたらせた
場所なんですけど・・・
日本で最初にこの反射炉を造り、大砲などの軍備を整えた藩は、
江戸時代でも常に外国との交流があった佐賀藩だったんですよね。
いつ大陸から攻め入られるか危機感を持っていた鍋島のお殿様は
長崎の警護を任されつついろんな事を事前に準備していたんです。
それが薩摩藩とかに助成しつつ討幕運動・開国へと時代は
流れていった・・・
何だか、どこか今の日本に似てるとこあるんですよね。

政治が混乱して、国の財政は大赤字だし・・世界の圧力に戸惑っている
所なんかそっくりなんじゃ??って思ってしまいます。

話はそれましたが・・韮山の反射炉は崩れないように補強され当時の
姿を今に残してありました。

韮山反射炉

韮山から定番の浄蓮の滝へと。
わさびのソフトクリーム・・結構癖になる美味しさです。
滝まではちょっと階段が続くけど、伊豆では一番見ごたえのある滝です。
☆浄連の滝伊豆の踊り子像
☆浄連の滝③
泊まりは初宿泊の天城高原のホテル。
部屋や大浴場から富士山や相良湾辺りの夜景なんか楽しめる
立地条件のいいホテルですが・・残念ながら富士山は見れず。
でも、久々にあわびの踊り焼きなんか食べれて大満足でした。

翌日は天城高原から十国峠をめざして天城連山をスカイラインで走り抜け
近づくにつれて富士山もやっと顔を覗かせてくれました。
冬に観るのが一番なんだけどねぇ・・。
雪のない富士山は修学旅行生とかだと、あれが富士山だっていっても
中々信じてくれないんですって。
十国峠からの富士山

十国峠を後にして、箱根の関所跡へと向かう途中・・・またまた
運転手さんが道を違う有料に入っていこうとして、慌てたガイドさんが
怒鳴る場面に遭遇・・・道路標識にちゃんと書いてあるんだから・・
どうしたらそんなに間違えるのかなぁってほんと不思議でしたけど
何とか無事到着。
全員関所跡は見なくていいって事でしたので、箱根駅伝の折り返し地点
でノンビリと芦ノ湖なんか眺めてもらいました。

箱根駅伝広場
芦ノ湖と富士山
海賊船で芦ノ湖遊覧

箱根を後にし、小田原で蒲鉾屋さん&昼食に鮪の手こね寿司を食べてもらい
湘南海岸沿いを走り抜け鎌倉の鶴岡八幡様へお参り。
たっぷりと時間が取れたので、ブラブラと参道を散策。
鳩サブレが大好きな私は、足を伸ばして買って返りました。

鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮の舞殿

鎌倉を後にして、三浦半島の付け根にある久里浜へと。
そこにはペリー公園があって・・ここも初めて行くんだけど、
乗務員さんたちも初めてらしい。駐車場がないって騒ぎ出し・・・
結局回送して戻ってもらうことに。
いかにも知ってますって感じでガイドさん話されてたから安心しきって
いたのに・・結局私が誘導案内かぁ(* ̄∀ ̄)ノ"
ネットで写真とか出しといてほんと良かったよ・・・。

記念碑の前で写真を撮ってもらい、当時の資料が展示してある
のでそこを見てもらいました。

ペリー公園

すぐ近くの久里浜港から対岸の金谷港まで東京湾を渡り
房総半島の南・・白浜温泉に宿泊。
車えびやホタテなどを自分で好きなだけ網焼きできるってのが
すごく嬉しくって・・夕食のバイキングは海の幸を満喫しました。

最終日・・房総半島は・・昔は鴨川や潮来によく宿泊してたけど、
最近はとんと来なくなった場所なんですよ。
途中、日蓮上人が生まれた鯛の浦・誕生寺の近くを通って・・・
すごい懐かしい気分に浸りつつ、目指すはあまり地元の人も
行かない?(乗務員さんも自家用車でしか行ったこと無い・・??)
養老渓谷を目指してバスは進みましたけど。

前日までの道間違い・・今日は道路地図も私自身見つつ・・・
渓谷までの道路がとにかく狭いって事を観光協会から教えてもらって
たので、近づくにつれ私はピリピリ・・・・。
運転手さんは立ち寄った海産物屋さんで、道を再確認してたらしいから
大丈夫だよねぇ・・・って思ってはみても。

でも・・乗務員さん同士でソロソロかなぁなんて結構渓谷の道の
話を夢中でされてた間に・・・「養老温泉」の看板の立ってる
入り口をあっさりと通り過ぎてしまった。
えっえっ???粟又の滝に行くってあれほど言ったじゃん

バスはどんどん細い道へと・・・その方向は乗用車で観光に行く人の
ルートなんだけど!!!
大型バスでどこまでド壺にハマル気なのよぉ

さすがに、私も堪忍袋の尾が切れたって感じで・・・
観光協会がネットで出してる地図を見せて・・確認して貰ってUターン。

ほんとに千葉県民なの?って思うガイドさんに・・・
同じコースは絶対行かせてもらえないから道はすぐ忘れるんだよねって
運転手さん・・・。
いやぁ・・そういう問題じゃないでしょって言いたい
お願いだから・・ちゃんと地図&道路案内をしっかりと見て走ってほしい。
タダでさえ、お昼が1時30分くらいになりそうだって担当者の情報だった
のに・・道路間違いで大幅に時間のロスは一本目であっても
許されるわけないし・・・。

添乗員も・・道路は出来るだけ地図を準備して確認しながら進めた
方がいいってツクヅク感じた次第で。
ようやく・・目標としてた滝見苑が見えてきて、粟又の滝まで渓谷に向かって
坂道を降りて散策しました。
紅葉の時期はこんなに狭いところにもバスがイッパイになるらしい。
あと一月くらい先の話ですけどね。

養老渓谷粟又の滝①

無事に養老渓谷の観光を終え、一路成田へと向かうことに・・。
みっちりと2時間掛かってようやくお昼にありつけました。
食事の終わった方から成田山新勝寺へと参拝に出かけてもらい、
私も一人でブラブラと歩いてみました。

いやぁ・・覚えてないわぁ・・・(>▽<)
一度も山門から本堂までたぶん上がった記憶がないわけで。
今回はもちろんお参りをし、地元のイベントがあってて
三味線を聞きながらしばらくボーってみてました。
帰りしな・・名物の羊羹&手焼きのお煎餅をお土産に買って
長かった三日間の観光を締めくくりました。

成田山新勝寺①
成田山新勝寺③

後は・・成田から羽田へと一気に帰るのみ。
ディズニーリゾートやお台場の景色をみつつ・・・
羽田でも日航だって言ってるのに、ANA側の第二ターミナルに
バスを走らせる運転手さん・・・。
いったい何年バスに乗ってるの??
第一ターミナルが見えてきたので、「九州はビルの手前で受付だから
よろしくね」って・・・つい口走ってしまいました。
(奥のほうまで行って、またグルって周るのだけは避けたい(+_+))

14名のお客様との三日間もあっという間に過ぎていきました。
長崎からのご夫婦と・・久留米近くからの8人&4人ご一行様。
どうやら・・久留米の12名は・・むか~し、別の(今はもう無い)
旅行代理店でご一緒した方だったようで・・・
それらしいニュアンスの質問が三日間チラホラ。

あの頃は、毎晩お客さんと宴会して演歌にずっぽり馴染んでいた
よねぇ・・・。
思わず、久留米弁連発の私でしたが・・・10年位前にタイムスリップ
したような雰囲気の旅行でした。

余談ですけど今日はこれから・・お仕事です。
夜受けで・・四日間のコースですけど、二泊が福岡・・明日だけで
壱岐対馬を急いで回ってきます(島の一部ですが)。
最終日もホテルから空港へ・・昼前にはお見送り完了で・・
来週は紅葉の日光から草津へ抜ける定番ツアーに行って来ます。

どうか・・・イロハ坂の大渋滞と日光東照宮で揉みくちゃにされませぬ
ように・・・迷子が出ませんようにって祈るばかりです。
一度も今年は見れてない「白根山のお釜」も見たいんだけどなぁ。

                       お  し  ま  い


よかったらランキングへワンクリックよろしくお願いします(*^^*)

バーナ
スポンサーサイト
 
2009/10/21 10:43|ツアー日記TB:0
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://newtabigo.blog111.fc2.com/tb.php/123-0acb12a4

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

FC2カウンター 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

全記事表示 

全ての記事を表示する

 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 ツアコンの泣き笑い旅日記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。