FC2ブログ

大好きな旅行を仕事にして早や○年・・・旅はトラブルと感動のオンパレード☆各地の見所やツアーの表と裏などご紹介していきたいです!

ツアコンの泣き笑い旅日記

プロフィール 

GOING MAY WAY

Author:GOING MAY WAY
日本全国津々浦々・・・OL時代は極貧旅行三昧でしたが、趣味が仕事になって、毎日奮闘しながらあちこち出没中です!
日本の歴史や文化が大好きだったので、日記の中に織り交ぜていきたいなぁと思ってます☆

ブログランキングのクリックもどうぞよろしくね(*^^*)

バーナ

 

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

 

カレンダー 

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

 

 

最近のエントリ 

 

月別アーカイブ 

 

 

RSSリンク 

 

プロフィール 

GOING MAY WAY

Author:GOING MAY WAY
日本全国津々浦々・・・OL時代は極貧旅行三昧でしたが、趣味が仕事になって、毎日奮闘しながらあちこち出没中です!
日本の歴史や文化が大好きだったので、日記の中に織り交ぜていきたいなぁと思ってます☆

ブログランキングのクリックもどうぞよろしくね(*^^*)

バーナ

 

 

小さな天気予報 


-天気予報コム- -FC2-
 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

久しぶりの飛行機ツアー・・アルペン☆ 

今年に入って二度目の飛行機移動・・・。
北海道と今回の定番のアルペンルートだけ・・ほんとに添乗自体が変わってしまった
なぁって、ここ一、二年ツクヅク感じてしまう。

添乗員なりたての頃は、毎週のように北へ南へ・・・
日本全国をクマナク飛行機で移動してたのにねぇ。
今じゃ飛行機でお客さんだけ移動して・・添乗員はほとんどが空港でお出迎え。

こんなんで・・全国的に通用する添乗員っていずれ居なくなってしまわないかなぁ。

とか何とか言って・・久々のセントレアに降り立って、アルペンも随分行って
なかったから、アルペンや上高地の景色を堪能したくてたまらない。
そんな思いを抱きつつ・・・土砂降りのセントレアに到着して。

はぁ・・梅雨の走りかなぁって諦めムード。
天気予報じゃアルペン越えの二日目は晴れって言ってたけど、山が見れるとは
限らないしねぇ。

一日目・・ひたすら走って白川郷にバスは到着。
せせらぎ駐車場に入ろうとしたら、五台口の修学旅行のバスとかち合って、
狭い道を塞いでて中に入れなかった。
雨はしとしと・・止まないかなぁ~って思っていたら・・

足止めをくらった間に雨は見る見る小降りになり・・・
なんとウチラがバスを降りる頃に完全にやんでしまった
団体写真が撮れるって、慌てて写真屋が撮影台を準備。

団写後、二手に分かれて私は希望者を連れて展望所へバスで上がることに。
雲もドンドン取れてって、雪を頂いた山々が見えてきて、皆さん大喜び。
その後は、荻町をブラブラ散策して白川郷を後にして富山で一泊。

合掌造りと菖蒲

二日目、マズマズのお天気で七時の出発で眠いはずなのに、
何となく気持ちはウキウキ

宇奈月駅から鐘釣駅まで往復二時間のトロッコ列車の旅。
6月だというのに、あちことで解け残っている雪の塊があって・・・
黒部川の水量も何となく多い気がした。

何かニュースで言ってたような・・・。
この発電所は土砂も一緒に海に流せるらしくて、富山湾で採れる海の幸の
生育に影響が出て深刻な問題になってるとか。

やっぱり人間と自然の共存は難しいね・・・。
便利さを追求してしまうと、必ず生態系を破壊してしまうみたい。

☆黒部峡谷鉄道⑨

鐘釣駅に付いて、チョッと期待しながら万年雪が見れる展望所へと。
う~ん、たんまり残っているねぇ。
万年雪って言われているけど、ここ数年は完全に解けてしまう事も
多々あるみたいで・・・今年は解けずに済むといいね。

鐘釣の万年雪③

宇奈月を後にして、バスの中で鱒の寿司なんぞ食べながら・・・
アルペンの説明の段取りを頭の中でシュミレーション。
久々すぎて、気抜けしてる私・・・こんな手抜きの説明で無事超えられるかなぁ。
なんて思いつつ、今回のお客様は大丈夫って変な自信が自分の中にあったり。

立山までアルペンの注意事項をサラサラって案内した。
慣れない頃って、これでもかってくらいお客様に脅しを掛けてた気がする。
昔は早い者勝ちで、乗車の順番が決まってたし、アルペン越えする観光客も
もっとイッパイ居たから・・・常に添乗員はピリピリで「走らないと」って
相当気合が入っていたものですけど・・・今じゃ楽チン??

立山駅について、アルペン開通40周年記念ということで、絵葉書をもらって
ラッキー!
予約してたケーブルよりも一本早いのにお客さんを急かせて乗車完了!


美女平では見学ゼロで、すぐさま高原バスに飛び乗りました。
ウチラだけの貸切。
しかも、私はお客様が座席を空けてくれてたから・・一人掛けの最前列席!
これは写真を撮らずにはいられませんわ

6月に入って雪の大谷ウォークがまだ出来るって中々ないことだよね。
13mも残ってるなんて・・・温暖化はやっぱり信じられないわねぇ。
なんて思いながら、標高が上がるにつれて雪景色が広がって歓声が上がる。

アルペン高原バス①


室堂行きの高原バスからの景色③


室堂行きの高原バスからの景色①


6月の雪の壁13m(2011)


6月の雪の大谷①

気温は10度くらいだけれど、日差しが強くってチットモ寒さは感じない。
ま、風が吹いてないから暖かく感じますねぇってお客様には言い訳。
しかし・・今年の雪の壁はマジすごいなぁって改めて感激しました。

室堂のみくりが池も玉殿の湧水も、まだ雪に埋もれていて・・・
七月の高山植物が咲き始める時期にはほんとにこの雪が解けるのか・・?って思ってしまう。

黒部平の展望所も屋上のみ(二階の展望所はずっぽり雪の中)で、トロリーバス
から降りた私たちはそのまま階段をひたすら登り、眼下に広がる黒部ダム湖と
山々の景色を満喫。

黒部平と黒部ダム湖

黒部ダムの堰堤では、時間が中途半端だからギリギリ30分滞在にするか・・
じっくり60分滞在にするか悩んだけど、もう一人の添乗員もゆっくり取るって
言ってたから・・私もたまには堰堤でのんびり写真撮るのも悪くないかって
誰よりも後から・・堰堤を後にした。

まだ堰堤からダムの展望台へ上がる外階段は閉鎖中だったから・・・
余った時間は売店上の資料館を見て過ごしてもらって。
アルペンでの最後の山々の景色を満喫。

アルペンの山々②

扇沢駅について、二泊目は大町温泉。(もう一つの団体は白馬だって可哀想)
何度も泊まったホテルだけど・・経営者の考え方が変わったのか、
お客が少ないから頑張っているのかは?だけど、すんごい対応が良くなってた。

お客様には当然だろうけど、添乗員にまでいい部屋くれたし・・
到着時の打ち合わせの時にコーヒー出してくれたのにはビックリ。
いつもボロボロの部屋だったから印象悪かったんだけど、どこも必死なんだね。

イン・バウンドが全く泊まってなかったから、すごい静かな・・・
そんでもって料理とかもすごく良くなってたからかなり嬉しかった~

夕食の時、私の隣に座ったご夫婦・・。
42名のお客様の中で、何となく取っ掛かりが掴めなかったお二人だったけど、
話してみたらメッチャすごいご夫婦だった。

旦那さんがゴム関係(ベルトコンベアー等)のメーカー勤務だったそうで、
世界各国の石炭やレアメタルの採掘現場の担当としてアチコチ飛び回って
たそうな。

シカゴとかバンクーバーで生活してた頃の体験とかイッパイ話して下さって・・
無性にカナダに行きたくなった私。

そんでもって・・阪神淡路も今回の東日本大震災・・両方とも現地に居たって
聞いて、声が出なかった。

福島原発の近くに火力発電所があったのは知ってたけど、そこで実際作業してて・・
地震のあと、慌てて屋上に駆け上がって大津波からは難を逃れたって。
目の前で東電社員の車がプカプカ流されて行くのをゾッとしながら見てたとか・・。
電気は何とか予備電源で大丈夫だったって事だけど・・・食料が・・。

現場から離れる事が出来たのは三日後だったらしく、道路が液状化みたいに
波打って車で走るのがすごい大変だったらしい。

そんなとてつもなく辛い体験をされて、引き止められたけど・・すぐ退社し九州に帰って
来たんだって話してくれました。

いろんな体験をされた方に出会うたびに・・
心から、旅というものが・・・一瞬でもいいから癒しとしての役目を果たせて
るといいなって思いました。

三日目、最終日は大町温泉から風穴の里で休憩をして上高地へと。

大正池から皆さんと写真を撮りながら、駐車場の中にある昼食場所まで目指しレッツゴー!
三日間の疲れからか・・お客様の歩くペースがビックリするくらいスロー。
五千尺ホテルのチーズケーキとか食べてきてくださいなんて紹介したのに、
全然時間が足りなくて。

私は河童橋まで行く時間も無くなって・・・
ま、綺麗な穂高連邦を満喫できたから良しとしましょ☆

早々と売店で来年のカレンダーをゲット。
上高地の景色をずっと楽しめるワァ

大正池と焼岳①


奥穂高と梓川

上高地を後にして、高山入り。
高山陣屋まで希望者を誘導して、私も一緒に見学。
案内を最後まで聞きたい気持ちはあるけれど・・何せ一時間以上掛かるとか。
残念だけど、お客様も途中で話を聞いてもらうの諦めてもらって・・・。
古い町並みをグルッと歩いてみました。

☆高山の街並み④

予定通りにセントレアに到着して・・今度いつこの空港利用できるか
分からないなぁって思いつつ。
つい、毎回同じ行動を起こしてしまう私。

天むすを買いに行って、ゆかり&鰻パイをゲットして・・・
手荷物検査場で、髪留めが性懲りも無く引っかかり・・・
日本一、探知レベル高いよね!!
他のどの空港も髪留めの鉄?の部分が反応して止められる事ってありえないし

早めに待合室に入ったからいいものの・・、ほんとムカつく。
やけ食い状態で天ムスにかぶりつき?
飛行機に乗って帰福・・・。

お客様と別れて、帰ろうとしたら・・・先輩とばったり。
空港の近くだって言ってたねぇ・・お家。
この仕事ない時期に、連添だってすごいなぁ~。
なんて立ち話を少しして・・疲れ果てた私は家路へと向かいました。

暑い・・・あのアルペンの涼しさが恋しいよぉ。

                   お  し  ま  い
スポンサーサイト
 
2011/06/19 00:00|ツアー日記TB:0
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://newtabigo.blog111.fc2.com/tb.php/138-5b9ece8e

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

FC2カウンター 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

全記事表示 

全ての記事を表示する

 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 ツアコンの泣き笑い旅日記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。