FC2ブログ

大好きな旅行を仕事にして早や○年・・・旅はトラブルと感動のオンパレード☆各地の見所やツアーの表と裏などご紹介していきたいです!

ツアコンの泣き笑い旅日記

プロフィール 

GOING MAY WAY

Author:GOING MAY WAY
日本全国津々浦々・・・OL時代は極貧旅行三昧でしたが、趣味が仕事になって、毎日奮闘しながらあちこち出没中です!
日本の歴史や文化が大好きだったので、日記の中に織り交ぜていきたいなぁと思ってます☆

ブログランキングのクリックもどうぞよろしくね(*^^*)

バーナ

 

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

 

カレンダー 

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

 

 

最近のエントリ 

 

月別アーカイブ 

 

 

RSSリンク 

 

プロフィール 

GOING MAY WAY

Author:GOING MAY WAY
日本全国津々浦々・・・OL時代は極貧旅行三昧でしたが、趣味が仕事になって、毎日奮闘しながらあちこち出没中です!
日本の歴史や文化が大好きだったので、日記の中に織り交ぜていきたいなぁと思ってます☆

ブログランキングのクリックもどうぞよろしくね(*^^*)

バーナ

 

 

小さな天気予報 


-天気予報コム- -FC2-
 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

熊本・阿蘇周辺の旅 

阿蘇谷と外輪山


熊本の阿蘇周辺は、阿蘇外輪山に囲まれた雄大な牧草地帯と、阿蘇五岳、黒川温泉などを始めとする数多くの温泉が点在する自然豊かなところです。

熊本市から外輪山の唯一の切れ目である立野の火口瀬を過ぎると、少しずつ山々の景色や牧草地帯が目の前に広がってきます。

九州は世界一のカルデラを持つ、この阿蘇山が噴火した事で、二つの陸地が地続きになり今に至るそうです。カルデラの大きさ=外輪山の周囲の距離から推測すると・・・あの富士山よりもはるかに高い山であったとも考えられるんだとか。



その阿蘇山が噴火活動を繰り返し、溶岩が全部吹き出てしまい陥没しお鍋の底=カルデラの阿蘇谷が作り上げられました。
田植えの時期に外輪山の大観峰などから阿蘇谷を見下ろすと、鏡のような美しさの中に、阿蘇五岳のお釈迦様の涅槃像の風景も楽しめ絶景ですよ!
阿蘇中岳・冬


外輪山の周辺は牧草地帯が広がり、肥後の赤牛や馬達が放牧されており、草を食む姿などを見ると・・・のんび~りとした時の流れに心が洗われるようです☆

阿蘇の五岳(根子岳・高岳・中岳・杵島岳・烏帽子岳)は阿蘇谷から見る景色と裏側の南郷谷からの景色は感じが全く違うので是非両側からごらんあれ(*^^*)
今も中岳のみモクモクと噴煙を上げていますが、ロープウェーや自家用車でも火口近くまで行けます。ただ、活動が活発な日は登山が禁止されますのでご注意を。草千里からも遠くに中岳火口を見ることが出来ます。

ロープウェー乗り場の阿蘇山頂や仙酔峡では毎年5月半ば頃、見事なミヤマキリシマが花をつけ、あたり一面ピンクのじゅうたんが広がります。

少し足を伸ばすと、菊池渓谷(新緑・紅葉が見事)や、通潤橋(江戸時代に作られた水を田畑に送る水路の役目を果たす)、高森地区では「高森田楽」など美味しいものもありますね。
田楽は昔ながらの囲炉裏を囲んで、豆腐や岩魚などなど、串にさして甘い味噌ダレを付けて香ばしく焼いて食べるのです。
めっちゃ美味しいですが・・・夏に行くとちょっと地獄を味わうことに。寒~い冬に熱々の田楽!!もうこれですよ~(=^^=)

この高森町と宮崎県高千穂町を結ぶ鉄道の工事が昔あってました。
でも、山々をいくつものトンネルで抜けていく工事の途中・・・
高森側のトンネル工事の掘削中に湧き水が留め無く湧いて、工事を中断する以外になく、この路線の開通はあえなく断念されたそうです。
高森側のトンネルは今も湧水トンネルと名づけられ公園としてちょっとした観光スポットになってます。
七夕飾りやクリスマス・イルミネーションなど・・・季節のイベントも開催されてますよ☆(ちなみに・・・高千穂側のトンネルは焼酎の貯蔵庫として酒屋さんが利用されてます。見学可能です(*^^*))

また阿蘇周辺は、温泉も豊富に沸いていて赤水温泉・内牧温泉、全国的に知られている黒川温泉などがあります。

中でも、人気ナンバーワンの黒川温泉は、どの宿も露天風呂があり、「温泉手形」で宿泊先以外の露天風呂めぐりも楽しんでいただけます。
手形は小国杉の切り株を利用してあり、焼印で可愛い黒川温泉の絵がつけてあり一枚1200円で好きな露天風呂に三ヶ所入れます。
各宿の露天風呂を紹介したパンフレットには泉質や男女別、効能など写真入で分かりやすいのでとても便利です。
泉質もいくつもあり、美肌の湯や硫黄泉、炭酸泉などなど・・洞窟風呂なんてのもありますので・・・是非一度黒川温泉の露天風呂めぐり体験していただきたいですね(^^)v

他には天皇家に継ぐ由緒ある家系が代々の宮司さんを勤めておられる阿蘇神社、熊牧場・カドリー・ドミニオン、阿蘇猿回し劇場(反省サル)や宿泊施設や温泉も併設しているスポット・阿蘇ファームランドなどなど、見所もたくさんあります☆

九州に来られたら・・・是非!「ここってほんとうに九州?」って思ってしまう、どこか北海道にも似た雄大な自然満喫の旅に出かけてみてはいかがでしょう(*^o^*)

ブログランキングのクリックもお願いします(*^^*)

バーナ






スポンサーサイト
 
2007/08/05 12:05|熊本・大分・宮崎TB:0
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://newtabigo.blog111.fc2.com/tb.php/23-22270c17

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

FC2カウンター 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

全記事表示 

全ての記事を表示する

 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 ツアコンの泣き笑い旅日記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。