FC2ブログ

大好きな旅行を仕事にして早や○年・・・旅はトラブルと感動のオンパレード☆各地の見所やツアーの表と裏などご紹介していきたいです!

ツアコンの泣き笑い旅日記

プロフィール 

GOING MAY WAY

Author:GOING MAY WAY
日本全国津々浦々・・・OL時代は極貧旅行三昧でしたが、趣味が仕事になって、毎日奮闘しながらあちこち出没中です!
日本の歴史や文化が大好きだったので、日記の中に織り交ぜていきたいなぁと思ってます☆

ブログランキングのクリックもどうぞよろしくね(*^^*)

バーナ

 

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

 

カレンダー 

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

 

 

最近のエントリ 

 

月別アーカイブ 

 

 

RSSリンク 

 

プロフィール 

GOING MAY WAY

Author:GOING MAY WAY
日本全国津々浦々・・・OL時代は極貧旅行三昧でしたが、趣味が仕事になって、毎日奮闘しながらあちこち出没中です!
日本の歴史や文化が大好きだったので、日記の中に織り交ぜていきたいなぁと思ってます☆

ブログランキングのクリックもどうぞよろしくね(*^^*)

バーナ

 

 

小さな天気予報 


-天気予報コム- -FC2-
 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

大分県・日田、湯布院、九重、耶馬溪の旅 

日田豆田地区②

日田市は水郷と言われるほど、水の綺麗な町です。札幌ビールの九州工場には一年を通して家族ずれ、ツアー客と多くの方ができたてのビールを楽しみに訪れるスポットです。

また、最近は活性酸素を減らしてくれる(癌に効く?)と言う事で、注目を浴びている「日田天領水」の工場も間もなく?市内にリニューアルオープンしますよ☆

江戸時代に日田は、高山と並び天領として栄えた町です。
町の一角には、日本有数の私塾を作った広瀬淡窓の資料館や天領資料館などがあり、当時の資料が今もなお展示されています。
また、お雛様のシーズンになると、資料館にお雛様も飾られ、多くの観光客で賑わいます。

三隈川では、夏になると鵜飼や屋形船がお目見えし、楽しんでいただけます。

日田から少し東へ進むと天瀬温泉があり、高塚インターのすぐ側に、高塚地蔵尊があり、何でも願いがかなうと言う言い伝えから、多くの方が参拝に訪れます。
500体近いお地蔵様があり、自分そっくりのお地蔵さんが必ずあるとも言われます。(柔道の谷亮子選手はご自身でお地蔵様を寄贈されました)

九重夢大吊橋冬

玖珠・九重インターのどちらかで高速を降りて飯田高原方面へ進むと、去年完成した日本一の九重大吊橋があります。
開通以来、予想を大きく上回るものすごい観光客の訪れに嬉しい悲鳴が上がってたみたいです(*^^*)

20億円をかけて架けられたのですが、一年間の来場者予定数をなんとたったの一ヶ月でクリアしてしまったんですよね。
開通当初は九酔渓の紅葉の時期とも重なって、周辺はとんでもない渋滞でしたね・・・
たぶん、毎年同じ状況だと思いますので・・お勧めは新緑の時期かしら?
大吊橋の真ん中ぐらいまで渡ると、振動の滝を見ることができ、なかなかの迫力ですよ(雄滝・雌滝両方見ることが出来ます)

飯田高原は二月になると、「九重氷の祭典」というお祭りが開催され、阿蘇に向かう牧ノ戸峠周辺では、冬は霧氷、春はミヤマキリシマが楽しめます。

また、寒の地獄という冷泉もあり、真夏にしか寒すぎて入浴出来ない・・なんて変わったところもあります(夏でも入浴後はストーブが用意されてますよ☆)

耶馬溪一目八景⑥

九酔渓と並んぶ紅葉の名所として、新日本三景にも選ばれている耶馬溪があり、「人目八景」からの柱状の岩肌を覆う紅葉の色づきはとても綺麗です(*^^*)
深耶馬溪は「恩讐の彼方に」の舞台となった所で、禅海和尚が、のみと槌だけで掘った「青の洞門」が今もわずかですが当時のままの状態で残されています。

そして、忘れてならないのが、熊本・黒川温泉と並ぶ全国的にも人気の温泉地湯布院です。
豊後富士の由布岳の懐に広がる温泉地で、別府の奥座敷として古くから湯治場として知られてましたが・・・
最近の湯布院は、町興しが成功してどんどん新しい街づくりがなされてます。
金鱗湖


金鱗湖・民芸村周辺が定番のスポットとなってますが、九州の軽井沢と異名を持つほど・・とにかく女性に人気のお店が所狭しと並んでます。
「Be-Speak」のロールケーキは全国版のテレビでも紹介されてました。
お勧めの一品です(*^^*)

また湯布院は美術館が多く、こじんまりとはしてますがあちこちに点在してますので、是非訪れていただきたいですね。
湯布院駅も美術館となってますよ☆

湯布院へは・・博多から「湯布院の森号」という、全席指定の特急列車でお出かけいただきたいです。内装は木の香りがして、展望車両などもあり・・ちょっと雰囲気のある有意義な時間を楽しんでいただけると思います(=^^=)

由布岳冬

由布岳の見える高原地帯に登ると、狭霧台があり・・朝の夜明け過ぎには冬は特に、神秘的な湖を見るように・・・霧に包まれた幻想的な湯布院を見下ろす事ができます。
その近くでは、毎年体育の日には、「牛食い絶叫祭り」があってます。
会費が3000円ぐらいで、豊後牛がお腹イッパイ食べれますし、マイクに向かって何でもいいので、絶叫し・・一番大声で叫んだ人には豊後牛一頭プレゼントなんてお祭もなかなか面白いです!

湯布院はちょっとおしゃれで、食事などにこだわったお宿がたくさんありますので、機会がありましたら是非春か秋に来ていただきたいですね。
(盆地ですので寒さ・暑さは半端じゃないです・・・)


湯布院から別府方面に進むと、鶴見岳がそびえ、ロープウェイで山頂に上がると別府や時々四国まで臨む事ができます。
春の桜、秋の紅葉、冬の霧氷と一年を通して楽しんでいただけます。

               



ブログランキングのクリックもお願いします(*^^*)

バーナ






 良かったら・・・こちらも    http://newtsnr.blog110.fc2.com/


 


スポンサーサイト
 
2007/08/16 23:04|熊本・大分・宮崎TB:0
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://newtabigo.blog111.fc2.com/tb.php/33-b1a3d525

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

FC2カウンター 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

全記事表示 

全ての記事を表示する

 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 ツアコンの泣き笑い旅日記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。