FC2ブログ

大好きな旅行を仕事にして早や○年・・・旅はトラブルと感動のオンパレード☆各地の見所やツアーの表と裏などご紹介していきたいです!

ツアコンの泣き笑い旅日記

プロフィール 

GOING MAY WAY

Author:GOING MAY WAY
日本全国津々浦々・・・OL時代は極貧旅行三昧でしたが、趣味が仕事になって、毎日奮闘しながらあちこち出没中です!
日本の歴史や文化が大好きだったので、日記の中に織り交ぜていきたいなぁと思ってます☆

ブログランキングのクリックもどうぞよろしくね(*^^*)

バーナ

 

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

 

カレンダー 

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

 

 

最近のエントリ 

 

月別アーカイブ 

 

 

RSSリンク 

 

プロフィール 

GOING MAY WAY

Author:GOING MAY WAY
日本全国津々浦々・・・OL時代は極貧旅行三昧でしたが、趣味が仕事になって、毎日奮闘しながらあちこち出没中です!
日本の歴史や文化が大好きだったので、日記の中に織り交ぜていきたいなぁと思ってます☆

ブログランキングのクリックもどうぞよろしくね(*^^*)

バーナ

 

 

小さな天気予報 


-天気予報コム- -FC2-
 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

沖縄本島・南部地方の旅 

平和祈念公園

15~16世紀頃の沖縄は琉球王国が栄え、中国や東アジアの国々との貿易が盛んな独立国家でした。
17世紀に入ると、鹿児島の薩摩藩の支配下に置かれ廃藩置県後は沖縄県として今に至っています。

この沖縄は、太平洋戦争では日本で唯一の地上戦があり、多くの罪もない人々が戦争で命を落とされた悲しい歴史の島でもあります。

最近は、この戦争に関する軍の自害命令の事実を、教科書から消してはならないと言う事で、10万人以上の方が国に対して抗議されました。



この地上戦で一番の激戦地となった南部戦跡には、毎年たくさんの方々が慰霊に訪れる沖縄戦跡国定公園があります。

公園内には、亡くなられた方のお名前が刻まれた「平和の礎」、平和祈念資料館では、戦争に関する資料などをまずご覧になってください。
そして、摩文仁の丘へと・・・
海岸を見ながら歩いていくと、県ごとの慰霊碑や黎明之搭、司令部の壕跡などが残っています。


公園の近くには、ひめゆり学徒隊の方々の慰霊のために建てられた「ひめゆりの搭」やひめゆり資料館があります。
数少ない生き残られた方が、当時の沖縄戦の悲惨さ、過酷さを語られることもあるので・・・是非事実を知っていただけたらと思います。


玉泉洞

北上して行くと、沖縄の代表的な鍾乳洞「玉泉洞」があります。
ここでは、琉球文化も体験できるテーマパークになってます。

郷土芸能の一つ、「エイサー」や琉球ガラス・黒糖などの出来るまでなどを見学できてちょっと懐かしい感じがします(*^^*)

また園内の鍾乳洞「玉泉洞」はちょっと変わってます。
日本各地の鍾乳洞では、冬は暖か夏は涼しいというイメージの方も多いかもしれませんが、ここは南国!一年中残念ながら暑かったです。


沖縄の玄関口・那覇空港からは、モノレールが完成し一気に首里城まで渋滞要らずで到着する事が出来てとても便利になりましたね(=^^=)
全く電車などが走った歴史がなかったので、市民の方はとても喜ばれているようです。

守礼の門

首里城は世界遺産にも登録されていて、沖縄戦では軍の指令本部が置かれたところでもあります。
今はきれいに復元されていて、守礼門をはじめとした琉球王朝の象徴として私達の目を楽しませてくれます。

首里城城壁③

守礼門をくぐると、当時の石垣などが残っていて、幅広の階段を上がると、正殿前の展望所から那覇市内を一望できなかなかの景色がみれます。
正殿などは資料が展示されてますので、是非琉球の歴史にふれてみてくださいね。


また、皆さんのおなじみの国際通りでは、所狭しとお土産屋さんが軒を連ねていて目移りしてしまいます。
日本初の本格的な免税店もオープンしましたので、ブランド品のお買い物も楽しめますね☆

国際通りの一角には公設市場もあって、・・・是非覗いてみてくださ~い☆
「さすがは南国」と思わせるようなカラフルな魚がたくさん売られていたり(あまりにキレイな色なので食べれるのかな?と思ってしまいます)、中国の影響もあり、沖縄の方は豚さんは余すことなく全部食材にされるので、豚丸ごと売られていたりしますね。
コリコリとした食感の「ミミンガ」は代表的な豚料理でしょう。

市場で食材を購入して、食堂に持っていくとその場で調理してもらえるので、新鮮な沖縄の味!是非ご堪能ください(*^^*)
チャンプル料理や沖縄そばなどなど、まだまだ独特の食文化は尽きませんね。

黒糖をたくさん使った沖縄のドーナッツ、「サーターアンダギー」やアメリカ生まれ沖縄育ち?のブルーシールのアイスクリームもたくさんの種類があってすごく美味しいです。
ちんすこうに泡盛が主な食べる(飲む)お土産として人気です☆

是非、那覇・糸満周辺をまずご見学いただきたいですね(*^^*)

ブログランキングに参加してますので、クリックのご協力お願いします(*^^*)

バーナ










スポンサーサイト
 
2007/10/08 17:01|鹿児島・沖縄TB:0
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://newtabigo.blog111.fc2.com/tb.php/52-9cf42f6a

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

FC2カウンター 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

全記事表示 

全ての記事を表示する

 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 ツアコンの泣き笑い旅日記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。