FC2ブログ

大好きな旅行を仕事にして早や○年・・・旅はトラブルと感動のオンパレード☆各地の見所やツアーの表と裏などご紹介していきたいです!

ツアコンの泣き笑い旅日記

プロフィール 

GOING MAY WAY

Author:GOING MAY WAY
日本全国津々浦々・・・OL時代は極貧旅行三昧でしたが、趣味が仕事になって、毎日奮闘しながらあちこち出没中です!
日本の歴史や文化が大好きだったので、日記の中に織り交ぜていきたいなぁと思ってます☆

ブログランキングのクリックもどうぞよろしくね(*^^*)

バーナ

 

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

 

カレンダー 

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 

 

 

最近のエントリ 

 

月別アーカイブ 

 

 

RSSリンク 

 

プロフィール 

GOING MAY WAY

Author:GOING MAY WAY
日本全国津々浦々・・・OL時代は極貧旅行三昧でしたが、趣味が仕事になって、毎日奮闘しながらあちこち出没中です!
日本の歴史や文化が大好きだったので、日記の中に織り交ぜていきたいなぁと思ってます☆

ブログランキングのクリックもどうぞよろしくね(*^^*)

バーナ

 

 

小さな天気予報 


-天気予報コム- -FC2-
 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

修学旅行の添乗はつらい・・・!? 

雪の白川郷


今年もスキーの修学旅行シーズンが本格的に到来ですね!
例年よりも今年は雪が多くて、なかなかのコンデションなのではないでしょうか。

冬はスキー、他の季節は観光(国内・海外)と、最近はバラエティーにとんだ修学旅行に
なってますが、添乗員の仕事の中で私個人的には一番気力・体力的にしんどい添乗かと。
学生にとっては、小・中・高校のそれぞれの思い出の1ページとなるわけですが、
残念ながらバスガイドさんは記憶に残っても、添乗員は生徒にとって、
薄い存在かも・・なんてよく感じてましたけど。

比較的楽な修学旅行は、小学校の旅行やスキー修旅でしょうか。
小学生・・運がよければ中学生までぐらいだったら、まあまあ大人しくて、先生や添乗員
の指示を真剣に聞いてくれると思いますが・・・
高校生だとなかなかそうは行かない学校もありますよねぇ。

スキーなら・・まだ生徒や先生が滑っている間は、怪我人や病人が出ない限りは
ゆっくりと添乗員も休養できるし、担当者がスキー大好き人間であれば、生徒に混じって
一緒にスキーを楽しんだりなんて事もありますけどね。
夜は生徒も先生も、少しはお疲れ気味で・・・早く寝てくれると、夜の見回りも
早めに上れるってもんです

でも・・これが観光だけならば・・・添乗員は常に生徒を監視していないといけないし、
先生から監視の目が常にあるわけで・・・全く?休む暇もないくらい働く事に・・・
(学校の団長と学年主任の先生、それに担当者の性格次第でしょうけど)

美ら海のジンベイザメ


最近私が行った修学旅行?は、某高専の視察研修を兼ねた旅行でしたが・・・
あれは、まれな旅行でした(*^^*)
生徒が決めた企業の見学がメインで・・・その時間は私とバスの乗務員さんはぼーっと
待機でしたので、思いっきり読書&くつろぎタイムでしたね。
夜も・・・見回りやミーティングも一切なし!
生徒は比較的自由で門限までに部屋に戻ってくれば自己責任の範囲で自由に
出来てたみたい。
生徒が丸一日フリーな日は、私も・・・嘘みたいにホテル待機もなくて
日帰り一人旅が出来るとは思ってもみなかったですけどね。

美容専門学校の修学旅行も・・・付き添いの看護婦さんとめっちゃ都内を遊び回ったり
・・ほんと、こんな添乗もたまにはいいなぁ・・なんて思ったりもして(*^^*)
でも、こんな修学旅行の添乗はほんと限りなくゼロに近いわけで・・・

私立校なら・・また違った旅行になるとは思いますが、公立の小・中・高校は
どこも似たり寄ったりで、怪我や病気で病院へ!!みたいな生徒が出ないことだけ
切に願うことぐらいで・・・あとはひたすら体に鞭打った数日間が始まります。

新人の頃でしたら、一般のツアーにいきなり乗るよりは・・・担当チーフの指示通りに
動けばいいので、いろんな意味で有意義な添乗経験にはなると思いますね。
台数で動くので、細々した基礎的な流れは他の先輩添乗員にすぐ質問できますし、
一人じゃないってのが、心強く感じることが多いと思います(=^^=)

海外への留学経験がある添乗員の中には、いきなりホームスティの仕事が舞い込んで
来た新人さんもいたみたいです。
(チーフではないので、この場合は国内旅程管理だけ持っていれば海外に出れますね)

さて・・・この辺で標準的な修学旅行の業務をご紹介しましょう。
飛行機での移動であったらば・・・学校からバスで空港へ移動して、飛行機のチケットを
クラスごとに分けるので、ひと仕事ありますね。
それから・・・飛行機に乗ること自体が初めての生徒も少なくないので
乗り方や飛行機に乗るまでの流れを説明(全く話を聞かない生徒もいるから本当に
困ったものですが・・・)し、機内に持ち込まない大きなバッグを
手荷物カウンターに預けさせて、弁当を配っていざ搭乗口まで長~い移動。
唯一飛行機の中だけゆっくり出来たりして。

目的空港に着けば、チーフ添乗員次第では、回転テーブルに流れてくる手荷物を
降ろす役目は添乗員だったりするわけで(生徒自身にさせてもいいと思うけど)。
トイレに時間をかけ、バスガイドさんのところで集合し揃ったらやっと観光しながら
ホテルまで・・・。もちろんその間に観光地のチケット配りや、車などの安全確認、
誘導などなど、ひたすら立ちっぱなしの状態の時も。

ホテルに着いたら・・・入浴や食事、生徒のミーティングの移動フォロなどなど・・・
生徒の就寝時間までホッと一息なんて出来ないことが多いのも事実なんですよね。
その後は・・生徒が部屋から抜け出さないように、深夜2時~3時まで見張ったり、
お酒が好きな団長だったらミーティング(飲み会・・これは大分禁止されてきてますので
少なくなりつつある?)があって・・・終わってやっと長すぎる一日が終わる・・・

終わったと思ったら、もう数時間後には朝食のスタンバイに立たなければいけなかったり
なんて事が3、4日続いてしまう。
夜に強くて・・・体力と気力がないと、連続では無理ですよねぇ・・・

私はもう体力無いですって、修学旅行の添乗にはほとんど行ってないのですが(^▽^;)>゛
でも、友達の添乗員の中には、普通の一般募集のツアーの添乗よりは、こっちのほうが
性にあってるって、ガンガン自ら行ってる人もいるわけで。

彼女いわく、一般募集のツアーで、毎日バスの座席や部屋割りカードを書いたり、
オプショナルに車内販売・・・そういったことがわずらわしくて仕方がない
な~んていつも言ってますけどね(*^^*)

仕事がパタって少なくなるこの1月頃は、修学旅行は貴重なお仕事でもあったりします。
体力勝負のこの添乗・・・寝不足で死にそうになる人もいるかと思いますが・・・
一度はこの添乗も経験してみる価値はすごくあると思いますよ(=^^=)

自分の学生時代のことを思い出しながら・・・ちょっと懐かしい気分に浸ったり・・
するのもいいかもしれませんね


                      おしまい

ブログランキングに参加してます!ワンクリックよろしくお願いします(*^^*)

バーナ






スポンサーサイト
 
2008/01/13 00:53|添乗員とは・・・??TB:0
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://newtabigo.blog111.fc2.com/tb.php/62-85953ceb

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

FC2カウンター 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

全記事表示 

全ての記事を表示する

 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 ツアコンの泣き笑い旅日記 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。